MENU

10万キロを超えたエスティマを買取店に売ることができるのか?

 

私のエスティマは既に10万キロを超えていますが、買い取ってくれる業者はいますか?

走行距離が10万キロを超えても、エスティマを買い取ってくれる業者はあります。
(※もちろん、車の状態にもよります)

 

「10万キロを超えたら価値がない、買い取ってくれる業者もいないから廃車にしたほうがいい」

 

と、一昔言われていた時期があります。

 

しかし、日本車はここ10年間で性能や耐久性が向上し、昔に比べて長持ちするようになりました。
とはいっても、”10万キロ”と聞くと抵抗をしめす人はまだ多いと思います。

 

ちなみに海外では30〜40万キロ以上走っている自動車もあるため、
海外の人から見れば、10万キロなんてまだ序の口でしょう。

 

では、実際に10万キロ、低年式のエスティマの買取相場をご覧ください。

 

≪年式:2000年 走行距離15万キロ以上≫約5〜8万円

 

≪年式:2001年 走行距離11万キロ以上≫10万円前後

 

≪年式::2002年 走行距離11万キロ以上≫12万円前後

 

≪年式:2003年 走行距離15万キロ以上≫15万円前後

 

≪年式:2004年 走行距離10万キロ以上≫20万円前後

 

 

▼今すぐ、エスティマの査定依頼したい方はこちら▼

 

 

.

年間の走行距離は1年1万キロ

 

  • 毎日、通勤と買い物で使う人
  • 土日、遠方によく遊びに行く人
  • 週1度、買い物でたまに乗る人

 

人の生活環境や利用目的によって、走行距離はかわります。

 

中古車の市場では一般的に年間の走行距離は1年1万キロといわれており、
その基準を超えれば、マイナス、少なければプラスになります。

 

「10年で15万キロのエスティマ」と「10年で5万キロのエスティマ」
でしたら、同じ年式でも、査定に差がでます。

 

 

10万キロを超えてからのメンテナンス

 

びっくりする女性

 

「10万キロいったら、タイミングベルトがやばい!」

 

という話は、1度は聞いたことがあるかもしれません。
メーカーが公表している数値ですが、あくまでも目安です。

 

しかし、いつ切れてもおかしくない! という状況のため早めに
交換することをおすすめします。

 

タイミングベルトが切れると、吸排気ができなくなりエンジンが停止してしまいます。

 

ちなみに、プラグ交換とウォーターポンプも同時交換で10万〜12万程度です。

 

走行距離が多かれ少なかれ、日々メンテナンスを怠らないことがもっとも大切です。

 

エスティマが10万キロを超えていたとしても、メンテナンスがしっかりしていれば
20万キロ以上走る可能性は十分あります。

 

 

おススメの【完全無料】一括査定サービスを3つ紹介

 


ズバット買取比較【無料】


かんたん車査定ガイド【無料】


カーセンサー【無料】

ズバット買取比較

わずか1分と入力が簡単!

厳選された最大10社に一括査定!

【人気bP査定サービス】

かんたん車査定ガイド

今、すぐに査定額が知りたい方!

【超高速】たった32秒で入力終了!

カーセンサー

最大30社に一括査定!

郵便番号で参加買取店がわかる!

※クリックすると、各サービスの公式サイトが表示されます。

 

 

一括査定サービスの登録はズバット買取比較1社だけでも大丈夫です。
ですが、3社とも参加する買取店が異なる為、見積をたくさん集めたい方はすべての登録をオススメします。

 

 

もちろん、登録・出張査定ともに完全無料のためご安心ください。