MENU

車査定前にキズは修理した方がいい?

 

 

買取店で査定を受けようと思いますが、車体のキズを修復してからのほうがいいでしょうか?

キズはそのままで問題ありません。

 

答えを先に言うと、キズや凹みがあっても修理せず、そのまま査定してもらってください。

 

キズ(1cm以上)や凹みは、当然、査定ポイントがマイナス評価になります。

 

「それなら、修理してから査定してもらえばプラスになるでしょ?」

 

とあなたは思うかもしれません。

 

その理由は、マイナスポイントよりも修理費用のほうが上回ってしまうからです。

 

例えば、あなたの車のリアバンパーにキズや凹みができたとします。
キズや凹みの程度や車種やボディーカラーにもよりますが、
仮に5万円〜8万円ほどで修理したとします。

 

ただ、もし修復しないままマイナス評価が2万円程度だったとしたら、
修理した意味がなくなりますよね?

 

買取ではこうしたことがよくあるため、修理業者に依頼したり、専門部署で修理をします。
そのため修理代が安く済み、買取店側としてはキズを修理しても損失は少ないわけです。

 

 

まとめ

 

とはいえ、小さい傷は治しておいた方が査定士への心証はよくなります。

 

もし、腕が自信があるようでしたら、小傷補修のコンパウンドを試してみてください。
しかし、あまり自信がないようでしたら、最低限洗車だけでもするように心がけましょう。

 

 

>>エスティマ査定|エスティマを高く売る【戦略と交渉力】で査定額UPへ戻る