MENU

洗車のコツってあるの?

 

「晴れた日に車に水をぶっかけて、カーシャンプーをつけて、あとはゴシゴシするだけ」

 

よくある一般的な洗車のイメージは、そんな感じではないでしょうか?
と同時に意識して洗車をしている人が少ないとも言えます。

 

車の査定時に影響がでないよう、正しい洗車の順番やコツなどをご紹介します。

 

≪洗車の順番≫

 

@タイヤを洗う

 

タイヤから先に洗う理由は、車体を洗ったあとだとタイヤの泥や砂利などがボディーに
付着してしまう恐れがあるからです。

 

またボディーを洗い流す・・・そうした二度手間を省くために、まずはタイヤから洗います

 

 

ブラシと水だけで、シャンプーなし

 

タイヤはゴムですので、シャンプーなどの界面活性剤の影響でタイヤが傷んでしまいます。
(※ゴムは油で硬くなり、ヒビ割れしやすくなります)

 

基本は軽く力を入れる程度でかまいません。

 

 

Aボディーのホコリを取る

 

水をたっぷり出して、ホコリや砂利などの汚れをとります。
ひととおり流し終わったあと、やわらかいクロスで泥などの汚れを落とします。

 

※小さめの脚立(台)などに乗って、車の上部から水をかけるとよいです
※いきなりスポンジでゴシゴシする人がいますが、砂利が付着しているとキズがつきます

 

 

 

Bボディーの水分をさっとふき取る

 

先ほど使った柔らかいクロスを絞って、さっとふき取る程度でかまいません。

 

 

Cカーシャンプー

 

いきなりスポンジでゴシゴシ洗うのではなく、シャンプーでスポンジを十分に泡だたせてから
ゆっくりやさしく洗いましょう。

 

真夏の炎天下の中での洗車は避けましょう。
水分がすぐに乾いてしまうため、シャンプーを洗い流す前にシミになってしまいます。
夏場は曇りの日や夕方などがベストといえます。

 

 

※コーティングについては「ボディーコーティングをすると洗車不要?!」を参照してください。

 

 

 

D窓の掃除

 

ボディーと同様、カーシャンプーで洗うのが一般的ですが、オートバックスなどのカーショップで
窓拭き専用クリーナーを買ってくることをオススメします。

 

それと、ワイパーはきちんと立たせ状態で窓を洗いましょう。

 

 

 

 

 

車の査定にどれくらいの影響があるの?

 

 

査定額が気になる女性

 

「査定額がアップするの?」

 

と気になる人が多いでしょうが、アップすることはあまりありません。

 

しかし、査定額が下がるリスクを防止する効果はあります。

 

汚い車、メンテナンスが行き届いていない車はオーナーの心の状態を表します。
査定士の方もいろいろな車やオーナーと接してきたため、
「汚い車=トラブルが多い人では?」など、自分なりのデータを蓄積していると思います。