MENU

車の下取りのメリットとデメリット

 

今度新車を購入しようと、エスティマをディーラーに下取りしてもらおうと思います。

初歩的な質問ですが、下取りのメリットとデメリットを教えてください。

車買取と下取りの違いについてお話しましたが、
今回は下取りのメリットとデメリットを詳しく解説します。

 

「新車をディーラー(販売店)で購入するなら、乗っている車を下取りに出すのは当たり前でしょ?」

 

という人は結構いると思います。
(私もその1人でした)

 

では、本当に下取りがお得なのか? 損なのか?
メリット・デメリットを詳しくお話します。

 

 

【下取りのメリット】

 

○メリット1:次の納車までの空白期間がない

 

例えば、新車のアルファードを買いにあなたがトヨタの販売店に行くとします。
エスティマの下取り査定額に納得しましたが、1つ問題が発生しました。

 

「通勤や買い物で毎日乗っているから、乗れない期間あると困るな・・・」

 

ですが、ディーラーに出せば、車の納車日と下取り書類の手続きを
調整してくるため、乗れない空白期間がありません

 

時間や手間をかけなくて済むわけです。

 

 

○メリット2:値引き交渉をしやすい

 

単純に新車を購入する場合、値引き交渉をしますが、
下取りを条件にすることで、勉強してくれる可能性は高いです。

 

 

 

 

【下取りのデメリット】

 

×デメリット1:買取店よりも査定額が安い

 

ケースによりますが、買取専門店よりも安く査定される可能性が高いです。
※30万円以上、査定額に差ができることもあります。

 

 

×デメリット2:比較対象がない

 

基本的には新車販売店1社のみに車の査定を依頼します。
比較する対象店がないため、本当に適正な金額はわかりません。

 

買取業者は複数店舗に査定依頼できるため、比較対象があります。
そのため、一番高い店舗を選ぶだけですので、あなたが車に詳しくなくても安心です。

 

 

 

 

下取りのまとめ

 

私は昔、エスティマを買取店、ディーラーの両方に出したことがあります。
査定額の結果は、25万円!の差があったため買取店に売却しました。

 

ただ、乗れない期間など不安がある方は、下取りでもいいと思いますよ。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

>>エスティマ査定|エスティマを高く売る【戦略と交渉力】で査定額UPへ戻る