MENU

車売却後、査定額が減額される?!

 

査定金額に納得し、契約書にサインし、車も買取店に引き渡した・・・・

 

めでたしめでたし・・・・
後は、あなたの指定口座に入金させるのを待つだけ。

 

しかし、突然連絡があり「査定額を下げたい」といったきました。

 

例えば「実は、故障箇所が別に見つかった」「よく見たら修復暦があった」などです。

 

ただ、契約を済ませて、車を引きとった後、値下げ連絡が来る・・・というのは、
買取業者の常套手段のようです。

 

最初に、査定金額をかなり高めに見積もって、車を引きとってしまえば
主導権が業者に移転するわけです。
(業者の最大の目的は、車を店に持ってかえること)

 

契約書には「買取店の基準で修復暦があったり、故障暦やウソなどが合った場合は、減額します」
と書いてあるため、売却した私たちはどうすることもできません。

 

「査定額を下げるか?」or「キャンセル料金を支払って売買契約を破棄するか」

 

という二者択一になりますが、どちらを選んでも買い取り業者的にはおいしい話でしょう。

 

 

そういった業者は消費者庁の国民生活センター、役所の消費生活センターにバンバンクレームが
入っているため、事前にネットで「業者名 詐欺」「業者名 クレーム」など、ネガティブキーワードを
組み合わせて検索してみてください。

 

あなたの大切な愛車を守るためにも、事前に調べておくことは大切かと思います。

 

 

>>エスティマ査定|エスティマを高く売る【戦略と交渉力】で査定額UPへ戻る