MENU

▼札幌市で今すぐ、エスティマの最高額を調べたい方はこちら!▼

 

 

札幌市でエスティマ査定をしたい方

 

買取店選びに迷う札幌の女性

 

「札幌市内でエスティマをなるべく高く売りたいけど、どこに頼めばいいのか・・・」

 

とあなたは何をどうしてらいいのか迷っているかもしれません。

 

  1. ディーラーに下取りしてもらう
  2. 近所の買取店で査定してもらう
  3. 車に詳しい友人に相談する

 

など、いろいろな方法を考えているのかもしれません。

 

エスティマをなるべく高く売る最適な方法は、
「車の一括査定サイト」を利用して車を売ることです。

 

くれぐれも、査定額が低いディーラーへ下取りはしないでください!

 

 

簡単一括査定サイトの利点・欠点

 

≪利点≫

 

複数の買取業者に競わせることより、価格UPする可能性が高い

 

下取りなどの査定は、1社のため競争相手がいません。

 

しかし、複数のライバル店同士に競わせることによって査定額がUPします。

 

 

買取店を探す手間や行く時間が省け、ガソリン代がかからない

 

インターネットやスマートフォンがない時代は、雑誌やタウンページで情報を確認するしかありませんでした。
1店舗ずつ電話をかけ、ガソリン代を払っていくため、かなりの時間と労力が必要でした。

 

しかし、一括査定サイトでしたらわずか1分たらずで最大10社までまとめて依頼できます。
また、あなたの自宅まで無料出張査定に来てくれるため、わざわざ足を運ぶ必要がありません。

 

 

難しい知識は不要

 

「私は車の相場とか分からない」
という方でも安心です。

 

1社だけではできませんでしたが、複数のライバル店の中で最高値の金額を提示して
くれた業者にエスティマを売るだけです。

 

これなら、難しい知識は不要ですよね?

 

≪欠点≫

 

電話やメールがあちこちからくる

 

車の一括査定サービスへの登録は、笑ってしまうほどカンタンです。

 

しかし、あちこちの買取業者から電話やメールがたくさんきますので、うざったく感じるかもしれません。
(良くいえば、熱心?)

 

 

利便性をとるか、うっとおしさをパスするか

 

私は、ズバット車買取比較.comを含めて3サービスに依頼しました。

 

電話やメールなどの連絡は正直、うっとおしいな、と感じましたが
かわいい愛車エスティマのことを思えばたいしたことはありませんでした。

 

実際に大、小問わず、8社からアプローチを受け最終的に5社に出張査定きてもらいました。

 

結果、エスティマをディーラーの下取りよりも25万円も高ることに成功しました!

 

私としてはとても満足の行く結果でしたので、一括査定を利用してよかったなと思っています。

 

※もちろん、「うっとおしい」と感じる人は無理する必要はありませんので・・・

 

 

 

札幌市の方必見! おススメの【完全無料】一括査定サービスを3つ紹介

 

喜ぶ女性

 

 

一括査定サービスの登録はズバット買取比較1社だけでも大丈夫です。

 

ですが、3社とも参加する買取店が異なる為、見積をたくさん集めたい方はすべての登録をオススメします。

 

 

もちろん、登録・出張査定ともに完全無料のためご安心ください。

 

 


ズバット買取比較【無料】


かんたん車査定ガイド【無料】


カーセンサー【無料】

ズバット買取比較

わずか1分と入力が簡単!

厳選された最大10社に一括査定!

【人気bP査定サービス】

かんたん車査定ガイド

今、すぐに査定額が知りたい方!

【超高速】たった32秒で入力終了!

カーセンサー

最大30社に一括査定!

郵便番号で参加買取店がわかる!

 

 

 

自動車納税証明書の再発行は?

 

陸運局にて車検証の再発行は可能です。

 

≪北海道運輸局札幌運輸支局 ≫

  • 〒065-0028 北海道札幌市東区北28条東1 丁目
  • TEL:050(5540)2001
  • 登録申請受付時間:午前8:45〜11:45 午後13:00〜16:00
  • 管轄区域:札幌市、恵庭市、江別市、北広島市、千歳市、石狩市、小樽市、夕張市、三笠市、岩見沢市、滝川市、美唄市、砂川市、芦別市、歌志内市、赤平市

    石狩郡、島牧郡、寿都郡、磯谷郡、虻田郡(ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町)、岩内郡、古宇郡、積丹郡、古平郡、余市郡、空知郡(南幌町、奈井江町、上砂川町)、夕張郡、樺戸郡

 

 

 

 

 

札幌市の観光名所について:

 

北海道札幌市の名所といえば、札幌の時計台です。
私は昔から、北海道に憧れを抱いていたため、初めて札幌の地に足を踏み入れたとき
一番先に行った場所です。

 

周辺はビルに囲まれており、ビルとビルの間に挟まれているみたいで窮屈そうでした。
私の友人は「ちょっとがっかりした・・」とへこんでいました。
しかし、私は古くて趣きのある建物で好感がもてました。
(日本最古の時計台のようですね)